あたし、歌、あなた、恋。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「あたし。」

今日もまた探してる あなたの後ろ姿
雨の中でも真っ直ぐな背筋が好きだと
一人で笑うあたし おかしいよね

目が合ってもすぐそらしてしまうけれど
ねぇ その後はどうしてるの?
まだあたしを見てる? それとも
目が合ったと思ったのは あたしだけなのかな

I can't say "good-bye"
本当は後ろ姿じゃ満足できないよ
でもさよならすら言えないあたしはきっと
あなたにとってただのクラスメートでしかないから
今はただ想ってるだけでいい お願い
好きでいさせて それだけでいい
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「教室の君。」
教室の席に座り今日も眺める君の横顔
たまに合う目と目が嬉しくて でも、どこか切ないよ

「どんな声をして どんな風に笑い
どんな歩幅で 君は歩くんだろう」
そんな何気ない考え事で 口元がほころんでくるの

ねぇ、バカみたいでしょ? 友達ですらないのに
それでもあたし 今あなたに恋してるんだ

前へ 前へ 一歩でも近付きたい
「いつか笑顔を向けてほしい」なんて
わがままになっていくあたしの恋心を
君は知ったらどう思うのかな 迷惑だよね

前へ 前へ 一ミリでも近付きたい
「いつか手を繋ぎたい」なんて
高望みばかりするあたしの恋心を
君は知ったらどうするのかな 困っちゃうよね

お願いです 神様
明日でも 明後日でも良いです
あの人があたしの傍に座るように
未来を導いてください どうか
あの人の瞳に あたしを映してください

どうか どうか お願いです
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「君へ。」
君との繋がりはふとした時に生まれて
気がつけば隣に居たね

でも そんな単純な運命の赤い糸は
気がつけば消えていたんだね

ねぇ もしあたしたちの出会いが
もっと難しいものだったら
今でも二人 笑い合えてたのかな

教えてほしかった 本当の愛を
あたしはまだ子供だから 知らないの
教えたかった 本当の愛を
君はもう大人だから 知ってるのかな?

でも これだけは信じて欲しい
あたし 君を アイしてた

別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「青い。」


いつだって君は優しくて それが残酷なほどあたしを溺れさせる
どうしようもないくらいに愛おしくて 仕方なかった

「あたしだけを見て」なんて言わない わがままは嫌いだから
だけどせめて 「君だけを見させて」 お願い

話したい 離したい この恋は辛すぎるよ
胸の痛みに気付かないふりをして 逃げて
いつの間にか暗闇に包まれていたの

希望なんかないよ 分かってる
でも どうしようもない 助けて

あたしばっかり好きで バカみたい


いつだって君は笑顔で それが残酷なほどあたしを傷つける
少しくらいは頼って欲しくて 仕方なかったのに

「君だけが大事」なんて言わない 大切なものはあるの
だけど ねぇ 「君がいなきゃ嫌」 信じて

話したくない 離したくない この愛は重すぎるよ
涙の冷たさがあたしの心を冷やせばいいのに ダメ
もうあの頃には戻れないから

未来なんかないよ 知ってる
でも 切ないほどに 好きなの

あたしばかりなんて 当たり前なのに


「君が一番」なんて言わない 自分が一番なの
でも だけど 「あたし」が壊れてもいいよ

今なら言える気がするの 「あたし、君が好きだよ」
頬に残る涙の痕に気付いて 手を伸ばして
あたしからは掴めないから

愛してるよ 分かってる
だから 今 あたし 息を吸い込んで

「あたしだけを見て」 

別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
BACK | 一歩、前へ。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。