あたし、歌、あなた、恋。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「もっと。」
いつからか疑う事を覚え 迷いは二人を包んでいった
「愛」を知る事 何故だかとても怖くて 
簡単な言葉すら 素直に言えなくなっていたの

意地悪なあなた 風のようにすり抜けて行くから
掴めないと泣いて 泣いて 泣いて 
「さよなら」と呟いて 泣いて 泣いて

苦しいくらい想ってた バカみたいだね
責める事しか出来なかった私を どうか
許さないでいて お願い 

「離さない」と言った何時かのあなた
不意に思い出したけど 今 手を離すよ
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「笑って。」 | 一歩、前へ。 | 「あたし。」>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 一歩、前へ。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。