あたし、歌、あなた、恋。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「not you.」




夢を見た 幸せな夢を
携帯が鳴るの ランプは青
着信音 飛び起きる あなたからのメッセージ

内容はこう 「ずっと好きだったよ」
私 泣いて喜んだ 携帯を握りしめた
返事はこう 「ずっと大好きだったよ」
夢をみた 幸せな夢を 

そう これは 夢なの

信じられなかった 信じたくなかった
確かにあの時 想いが届いたと思ったのに
開いた携帯の受信BOXに あなたの名前はない

強く握りしめたこぶし 涙で濡れる
どうして なんで あなたなんだろう


夢を見た 残酷な夢を
あなたが笑う 隣に私
笑い声 手を繋ぐ あなたからの温もり

それからはこう 「ずっと一緒だよ」
私 泣いて喜んだ あなたを握りしめた
その続きはね 「     。」
夢を見た 残酷な夢を

そう これは 夢だから

消えなかった 消したくなかった
確かにあの時 温もりを感じたはずなのに
目覚めた時の手のひらは 冷たくて ねぇ

堪える嗚咽に混じる 私の本音
どうしても どうしても あなたが欲しい


もう何もいらない とは 言わない
少しの幸せと 歌と 大事な友達

それから あなた 
一番欲しいものは あなたなのに


信じられなかった 信じたくなかった
確かにあの時 想いが届いたと思ったのに
開いた携帯の受信BOXに あなたの名前はない

強く握りしめたこぶし 涙で濡れる
どうして なんで あなたなんだろう


どうしても どうしても あなたが欲しいんだよ

今 きつく きつく 抱きしめて欲しいんだよ

そう あなただけに



スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「青い。」 | 一歩、前へ。 |
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 一歩、前へ。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。