あたし、歌、あなた、恋。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「本当。」

いつからか迷いばかり 僕の心 埋め尽くした
愛を知る事怖くて 好きの気持ち隠してった

「もしも」上手に 君を愛せたら
なんて叶わないよ もう さよなら

苦しい程想ってた バカみたいに
責める事しか出来なかった ごめんね uh- ぃえいえー

いつから逃げてばかり 君の心 傷付けた
僕を知る事怖くて 繋いだ手 離していた

「もう一度だけ」と 君が泣きながら
僕の頬に触れた でも さよなら

痛い位想ってた バカみたいに
嫌う事すら出来なかった ごめんね uh- ぃえいえー

痛い位想ってた バカみたいに
嫌う事すら出来なかった いまでも うー

苦しい程想ってる バカみたいに
君の温もりを探している いまでも 
 いつでも でも もう さよなら
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「恋の始まり。」 | 一歩、前へ。 | 「海岸の君。」>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 一歩、前へ。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。